SOL.

sol-zeus

                [The art of critical points]  絵画を描いている時、線をさらに伸ばすことで作品が良く見えることがある。実際にそれを伸ばし始めると、線が「ある長さ」を超えると途端に失望に転ずることはよくある。この「ある長さ」を臨界点と呼ぶなら、それは長さだけにとどまらず色や数などにおいても同様に臨界点が存在する。  「芸術の臨界点」で遊ぶことは作品制作の醍醐味だ。遊ぶとは、臨界点に至った時、その良し悪しの理由を「言葉」では表現できなくなった状態から始まる。その醍醐味を例えるならば、臨界点付近の攻防は「ビックタイトルのバスケットボールの試合で1点を争うシーソーゲーム」だ。興奮と感動は、自らの感覚を研ぎ澄まし、思いもよらぬ方向や力を作品に与える。そしてゲームは新たな表現の扉を次々と開く。  1996年6月第 52回現代美術家協会展にて会員推挙(絵画)  2006年12月23日[iLife’06 iMovie コンテスト]Apple銀座店 優勝