このアイテムは、Adam byGMO認定代理店、AdambyGMOそれぞれでの審査が完了済みのアイテムです。
審査済
閲覧数
157
6

billion (01)

アイテム詳細

“本物”の札束を積み重ねていくと、その“本物”が価値を失っていく。目の前に積み重ねられた紙の束によって、ほとんどあらゆるものが手に入ってしまうはずなのに。 ひとつ10,000,000円の束は「わずか5分でリアリティを失ってしまう」と森田は言う。翻って、写し出されているのは人間の浅はかさではないか。価値を剥ぎ取られた1,000,000,000円は幾重にも積み上げられ、東京のビル群のように、あるいは重厚な壁面のように、見る者によって表情を変える。数の羅列でしかなくなった紙の束が問いかけてくる。さて、価値とは、いったい? When “real” stacks of paper money are piled up high and lined up in a row, they seem to lose their “real” value – even though they would, in reality, put almost anything you can imagine within your reach. According to Morita, the stacks of bills, each worth 10 million Japanese yen, “seem to become unreal in just five minutes.” What manifests itself instead is the shallow and ephemeral nature of humankind. Stripped of value, the billion yen in paper looms like the towering skyscrapers of Tokyo, or like a colossal wall, presenting different aspects to different viewers. Reduced to a mere sequence of numerals, the stacked-up blocks of bills seem to be asking: what does value mean, anyway?

ストア詳細

  • instagram

空間をデザインしながら、「この壁を飾る“何か”があれば」と、森田は思うのだと言う。求めたのは、重厚かつ軽やかな存在感。背反するテーゼを共存させる“何か”を探し回っても、見つけることは叶わなかった。ならば自分の理想を追ってもいいのではないかと考えた。その際に選んだのが、写真だった。なぜか。「モノクロームの階調は、他の表現では表出し得ないものだから」と、森田は答える。抽象と具象を行き来し、その中間をグラデーションによって表現するモノクロームの写真に答えを見つけた。 森田にとってアートとは常に見られることを前提としたものである。壁からの要求によって生み出された写真たちは、翻って壁に飾られることによって空間を統べる力を宿している。たとえ自らがデザインした空間ではなくとも、その力は変わることはない。森田はミニマルな写真によって、普遍的な価値を追い求めている。 Morita says that when designing interiors, he would think to himself, “That wall needs something on it right there.” Something with an imposing presence, but a light feeling. He searched for, but was unable to find, something that fulfilled both these antithetical criteria. And so he decided to create his own ideal piece of interior décor, and the medium he chose was photography. Why? According to Morita, “Its monochromatic gradations cannot be achieved in any other medium.” He found what he was looking for in black and white photographs that traverse the border between abstraction and representation, their gradations expressing the ambiguity of this intermediate zone. For Morita, art is something to be continuously looked at. His photographs were born out of the blank wall’s calls for something to be placed on it, but conversely, when hung on the wall they have an innate power to command the space they inhabit. This power remains unchanged even in interiors that Morita did not design himself. His minimalist photographs embody a quest for universal values .

保有中
ロイヤリティ
20%
購入後に再販売されると、売上の一部(ロイヤリティとして設定された%)がアイテム作成者に支払われます。
20%
ロイヤリティとは
購入後に再販売されると、売上の一部(ロイヤリティとして設定された%)がアイテム作成者に支払われます。
保有者:
kumark