437

Lequio'Kemycal

アイテム数
4
保有者数
2
合計取引金額

¥21,750

沖縄(=Lequioレキオ)のフローリスト・クリエイター「Kemmy」の作品をNFTとして流通させる為にユニットプロジェクトです。 【プロジェクトストーリー】 沖縄はその昔「琉球国」という東シナ海に浮かぶ小さな王国でした。 ある時、ポルトガル人が沖縄にやってきてリュウキュウをレキオと呼びました。 その後、レキオはポルトガル人のトメ・ピレスによって著された「東方諸国記」(1512〜1515)で紹介されます。 トメ・ピレスはレキオス(琉球人)を武器を持たず、「友好的」で「平和を愛する人たち」と書き記しています。 沖縄のリアル世界ではKemmy名義で活動をしていますが、活動を広げていくために「Lequio'Kemycal(レキオ・ケミカル)というユニットを立ち上げました。 沖縄の歴史+リアル+NFTの異なる三つの空間を「Chemical(科学的融合)」させていきます。 【作品コンセプト】 作品コンセプトも「科学的融合」がテーマ。 「花」と「人類」の科学的融合。 友好・平和の象徴である花と、平和を愛する人類とが一つにとけあう。これが友好・平和のアイコンとなってほしいとの願いを込めて、沖縄から発信しています。 【クリエータープロフィール】 フローリストクリエイター:Kemmy 福岡県出身 佐賀大学卒 沖縄在住 大学3年次にバングラデシュにて水質研究に携わり、4年次には少数民族の健康状態を研究するプログラムに参加。野菜や薬草の流通、使用法を研究。 大学卒業後は福岡県内のチェーン小売花屋に勤務。その後博多でガーデニングに従事。その傍ら中洲で店舗装飾や空間装飾の経験を積む。 グアムでブライダルフラワーに携わり、その後来沖。沖縄県内で複数店舗の空間装飾や広告各種媒体を中心に活躍中。

全4件